ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

カテゴリ:木々景写真( 41 )

ミモザ

d0024242_2385014.jpg


今年のミモザは五月雨的に咲いている。

陰になっていたのでストロボを使ったら
案の定、わざとらしくなった。笑
[PR]
by ricard51 | 2015-01-30 02:41 | 木々景写真 | Comments(0)
d0024242_473278.jpg


しばらく日本に里帰りしていた。
今回は忙しく、ほとんど休養もできなかったが
なぜか新緑には恵まれた。
K-5IIsになって、こういった景色は気分よく撮ることができる。
思った色が出てくれるのだ。

K100dからペンタックスのデジタルを使っているが、
考えたらその前のペンタはS2だったりする。
そして昨年秋からPentax K-5IIsを使っているが、
出てくる絵もきれいだし使いやすいし、いうことなし。
こうなると、もっといいレンズが欲しくなるのだが、
水害後だけに先立つものがない。
古いM42マウントのレンズも試してみたいが、
父から譲ってもらった50mmは水没してしまった。
とはいえ、この時代のレンズは安く出回っているから、
そのうち手に入れて試してみたいと思っている。
[PR]
by ricard51 | 2014-05-24 04:19 | 木々景写真 | Comments(0)

3月だから

d0024242_3225520.jpg
PENTAX K20D snc M 40mm / 40mm 1/1500sec

3月になったから、すこし暖かそうな写真を。
[PR]
by ricard51 | 2012-03-02 03:23 | 木々景写真 | Comments(2)

花見山のパラドックス

d0024242_125751.jpg

福島に桃源郷あり

そんなフレーズで書かれている花見山。
しかし僕にとっては、子供の頃に遊んだところ。
その頃住んでいたのは花見山へは自転車で15分程度だった。
僕のイメージは辺りは田んぼの、細かい道がたくさんある山。
子供だったから、そこで走り回って、帰りは畦で蛙やザリガニ、
遠足で行ったときには、なんとも間抜けな感じだった。
そんなイメージが花見山だ。
高校卒業後に町の反対側に引越ししたので、いつの頃からか忘れていた。
それが故秋山庄太郎氏が紹介してから、すごい観光地に。
それは聞いていたが、こんどは近づけないほどの人気。
こうなると行くことも出来ないような、そんな場所になった。
渡仏してからは冬に戻ることも多いので、行っても、と思っていた。

そして今年。
いつもなら県外どころか海外からも押しかけるのだが、
ツアーバスもなければ、駅からの臨時バスもない。
近場の人達の日帰り限定のスポットになっているらしい。
ということで、両親と一緒に花見山へ出かけることにした。
土、日曜日のほうが天気がよかったが、
人が多いとの口コミがあったし、風も弱いから月曜にした。
しかし、薄曇で午前中の昼前にも関わらず渋滞。
一番手前の駐車場に停めて歩くことになった。

歩くと、整備されて家が増えて、花が増えて……人も。
昔のイメージとは変わって、オー観光地って感じ。
花見山だけではなく、付近の花の多さ、すごい。
入り口の家も新しくなったが、山のコースは広くはなったが、
たぶん変わっていない所も多い気がする。
古い錆びた小屋が残されているのが懐かしい。
今から考えると素朴で質素な昔の風景もいいが、
綺麗に輪をかけたような、今の綺麗さもいい。
今は、まさしく桃源郷だ。

花見山は、持ち主の阿部一郎氏が自宅前の山に1本1本植えていったものだ。
切花出荷用の花達なのだが、それを無料開放しているのだ。
僕が小さかった頃は木々も小さかったろうから、
今のように、ものすごい感じはなかった。
(子供だったから花より、だったかも)
きっと、あの頃より綺麗に、より大きくなっているのだろう。
d0024242_14523.jpg


砂山のパラドックスというのがある。
砂粒がどのくらいあると砂山で、どこから砂になるのか?
1000粒なら砂山で999粒なら砂、というのは変だから
1粒でも砂山として考えられるというパラドックスだ。
花見山は阿部氏が1本植えた時から花見山になったと思う。
その途中に子供の僕が見た風景があり、
そして今の桃源郷がある。

今回の震災、立ち直ろうと瓦礫を1つ持ち上げたところが、
復興であって、光は先に見えているはずた。
途中の道が曲がったりしていて見えないだけ。
桃源郷に近づくためには1歩1歩、それだけでいいと思う。

d0024242_134156.jpg

駐車場で会ったねこさん。彼らも避難してきたそうだ。
[PR]
by ricard51 | 2011-04-19 01:06 | 木々景写真 | Comments(0)

花を撮ってみる

d0024242_04272.jpg
PENTAX K20D DA21 / 21mm F3.5 1/1500sec

兄が新しいカメラを買ったので、二人で同じ物を撮ってみた。
目の前に咲いている花という被写体。
考えると遠景以外の花って、かなり久々だと思う。

こういう撮り方はあまりしていないので気が付かなかったが、
バックのほうのボケがうるさく感じる。
もう少し絞った方がよかったかもしれない。

d0024242_0455391.jpg
PENTAX K20D DA21 / 21mm F3.5 1/250sec

で、こうやって見ると、K20Dは、鮮やかな花より落ち着いた色、
そして緑よほうが好みに仕上がってると思う。
カスタムで遠景をメインに色を調整しているからかもしれない。
[PR]
by ricard51 | 2011-03-07 00:48 | 木々景写真 | Comments(0)

今年のラベンダー

d0024242_2323121.jpg
PENTAX K20D DA21 / 21mm F11 1/180sec

しばらく北の写真だったので、今回は南仏らしく。

今年のラベンダーも、なかなか見ごたえあるものだった。
写真は7月4日で、今は刈られているかもしれない。
しかし、年々、ラベンダーの耕作面積が減っている気がする。
いつも行くところだけかもしれないが、
その代わりに菜種が増えているようだ。
これもエコ燃料のせいなのだろうか?

d0024242_23264310.jpg
PENTAX K20D FA50 / 50mm F8 1/250sec
[PR]
by ricard51 | 2010-07-15 23:28 | 木々景写真 | Comments(4)

やっと暖かくなった

d0024242_2292643.jpg
PENTAX K20D FA50 / 50mm F2 1/250sec

今年は暖かくなるのが遅かったが、
ようやく、ようやく、暖かくなった。
写真は先週で、咲いたと思ったら、すぐに散ってしまった。
これだけ急に暖かくなると、植物も驚くだろう。



そして、暖かくなると、この子達も見かけるようになる。

d0024242_232130.jpg

[PR]
by ricard51 | 2010-04-29 02:32 | 木々景写真 | Comments(4)

かなり暑になった

d0024242_2285835.jpg
PENTAX K100D FA50 / 50mm F4.5 1/1000sec

きょうは何度になったのだろう?
昨日から、かなり暑くなった。
事務所はPCが何台もあるので、暑い事このうえない。
早くもエアコンのお世話になった。

写真は昨日、休暇を取って行ったVAR県の北のほう。
ここより暑く、車の温度計は36度と表示していた。
急に暑くなったからか、いつもより早くラヴェンダーが咲いている。
[PR]
by ricard51 | 2009-06-20 02:33 | 木々景写真 | Comments(6)

森深し

d0024242_325342.jpg
PENTAX K100D DA21 / 21mm F4.0 1/180sec

サントボームに行ったのは・・・
もう1ヶ月以上も前か。

南仏にも在る、深い(ようにみえる)森。
[PR]
by ricard51 | 2009-06-12 03:04 | 木々景写真 | Comments(0)

晴れたら山へ

d0024242_2284565.jpg
PENTAX K100D DA21 / 21mm F11 1/125sec
ようやく、すっきり晴れた週末。
昨年からこんなに暖かでおだやかな週末は無かったような気がする。
ということで低山ハイク。
久々に行く山は楽しい。
晴れてるともっと楽しい。
[PR]
by ricard51 | 2009-05-05 02:30 | 木々景写真 | Comments(0)