ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0024242_23575040.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

この写真は日曜日。
あまりにきれいだったので、この後に海で泳いだ。
これが最後の海、になるかもしれない。

というのは、天気が悪く、本日も雨。
おかげで山火事の心配はなくなったが、海は水温が下がってしまっただろう。
まだ8月なのだから、もう少し暑いままでいてほしい。
[PR]
by ricard51 | 2012-08-31 00:01 | 海川景写真 | Comments(0)
d0024242_232550.jpg

ドイツ旅行の最後はマリエンプラッツから始まってドイツミュージアム、
そして空港へ。
マリエンプラッツでは、もちろんビール。

d0024242_232282.jpg

飲んでばかり・・・・・・では問題なので
少し歩いてドイツミュージアムへ。

d0024242_2315924.jpg

中に入るとエンジンなどの機械、船、飛行機、黎明期の車。
NC旋盤、センタリングマシーン、オフセット印刷機や化学実験の装置まで、
ドイツ博物館というより、産業博物館。
まあ、ドイツの歴史は産業の歴史なのだろう。
このエンジンは、たぶん船や工場で使われていたものだろう。

d0024242_2315651.jpg

黎明期の車の後ろにジェットエンジンのメッサーシュミット。
その上は
d0024242_2315350.jpg

ロケットエンジンのME163
その向こうには
d0024242_2314952.jpg

V1ロケットがあるのには驚いた。
で、よくみたら、
d0024242_2314322.jpg

V2も展示してあった。
これはボディパネルの一部が外されていて、
d0024242_2313968.jpg

方向を制御するためにチェーンとスプロケットが見える。
時代を考えると当然の機構かもしれないが、これでよくロンドンまで飛んだものだ。

d0024242_2313426.jpg

カメラ関係もあって、これは放送用のカメラのようだ。

d0024242_2313123.jpg

印刷関係は入り口から遠いところにあって、目つけるのに苦労した。
僕としてはグーテンベルグ博物館(マインツ)のほうが好きだけれど、
展示物の数としては、かなりあるので見ごたえは十分。

意外と楽しかったのが化学実験関係の展示。
暗くて写真は不可能だったが、テスラコイルの放電実験は迫力満点すぎて
耳が痛くなるほどだった。
もちろんヘルツやレントゲン等の、いかにもドイツって感じの展示があって
なかなか楽しい時間が過ごせた。

ただ、この博物館の車やバイク関係は、
ミュンヘンの反対側の新しい博物館に移されたそうだ。
僕としては車よりも機械、と思って行ったので楽しかったが、
もしドイツなら車、と思って行かれる方は注意したほうが、と思います。
[PR]
by ricard51 | 2012-08-20 23:27 | 旅景写真 | Comments(0)