ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

癒しのねこさん

d0024242_144573.jpg


今日は、壊れたガラス類やら何んやらをダンボールにつめて
廃棄物の特設置き場に捨ててきた。
まだあるのだが、残っているくらいなら
普段のゴミの日にだせるくらいまで片付けることができた。
あとは本や雑誌なのだが、これは資源ゴミとか
古本屋(専門店)に売ることになるだろう。

この廃棄物置き場、かなり判りにくいところにあった。
行政は正確な名前を出していたが、肝心の地図はPDF。
これが混んでて表示されなかったのだ。
ま、なんとか判ったからいいが、行ってみると、ちょっと渋滞。
待ってる間に小さな猫が横切って……
晴れてて温かく、なんとも平和な一瞬。

で、入ると瓦礫の山、山、山。
でかいコンクリート辺に壊れた箪笥、ひしゃげた自転車。
トランクからダンボールを出して、ガラス破片の上を歩いて捨てる。
そこには大きな大きな液晶テレビ。
上にも下にも、さまざまな大きさのTVが捨ててある。
これがないと緊急情報もわからないだろうに、
きっと、これを捨てた人達はTVを買いに走ったことだろう。
明日で終了となっていたが、今日になって4月以降も延長するって書いてある。
ただ、あの調子なら、すぐにいっぱいになるのでは、と心配になってしまう。

帰ってきて、今度は近くの親戚の障子の開け閉めの修理。
鴨居が下がってきて、閉まった状態で開かなくなってる。
車のジャッキと手ごろな木を積んで出かけようと思ったら

写真のネコさんが、と、と、と、って歩いてる。

今日は、猫に癒される日だなー、と思っていたが、
修理のほうは上手くいかなかった。
そうとう落ちてきてるもか重いのか、角材が細すぎるのか?
車用のジャッキでは足らないのか?
とにかく、もう少し本格的なものじゃないと無理だった。
そのうち、ってことで、お茶して引き上げて。
なんか未消化だけど、きょうは、ねこさんが癒してくれたってことで。
[PR]
by ricard51 | 2011-03-29 01:05 | 報告