ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

2つの支援

二つの支援

福島市の物資は日に日によくなっている。
選ぶような贅沢は出来ないし、安売りもない。
灯油とガソリンを除いては、生活に困るような事はないといっていいだろう。
基本が電車とバスですむような土地じゃないから、
車は必需品だし、灯油は暖房で使うから死活問題。
それでも関東のように停電がないからコタツだけで、なんとかなる(辛)
ま、今のところは、我が家もほとんどの人がなんとかしてるし、
福島市には週末にも入ってくるという噂もあるから、大丈夫と思う。


で、今日はもっと辛いはずの南相馬市の災害対策本部に荷物を送ってきた。


ここを見ればわかるのだが、
普通の市町村、それも大きいところなら
かなりの物資が大量に届いて、仕分けが間に合わないはず。
でも、福島県でも南相馬市は、個人からの物資を募集している。
それを見ただけで、かなりひっ迫してるのだろうと思う。
南相馬市は、南側が事故避難地域に指定されているし、津波で町の海側は壊滅。
被災者用の物資はある程度届いているのだろうが、
相馬の友人の話では、基本的な店も流通も全くないという。
だから残っている町民までは物資が行き届くわけがない。

だからだろう、ミクシィのコミュに対策本部が書き込みまでしている。
電話したら、相馬の市場まではクロネコさんと佐川さんが運んでくれるそうで
そこまで送って欲しいとのこと。
近くの店で買い足して、ダンボール2箱を送ってきた。
といっても南相馬まで2日掛かるそうなのが、すこし心配。
ガソリンが無い福島市からは、届けるには心もとない燃料しかない。
帰れるかどうか?送るしかない。
役所の人が、「明日まで無いと困るほどではない」というから
クロネコさんが早く届けてくれることを祈るしかない。


いろいろ見てると支援方法はたくさんある。
知り合いのバイク乗りたちが始めた直接支援もある。
その名も

「 ありんこ支援隊 」

アリのように細かいところまで入っていくOFFバイクの集団だ。
いろいろな災害地で活躍しているオフロードバイクだが、
今回も活動している。
そのうちの1つが彼ら彼女たちだ。
その支援の基地が新潟にある。

ものすごく活動的で頭が下がる。

もし、興味のある方は、是非とも参加して欲しい。
バイクのほうは急を要するし、南相馬も早ければ早いほど助かるだろう。
どちらも荷物を送る際には注意して欲しい。
1梱包に1種類、下着なら下着類を、食べ物なら食べ物を、
そんな形で送って欲しいそうだ。
できれば、どちらも電話等で確かめるといいと思う。
彼らの労力を減らすのも支援なんだから。
みんなで協力、お願いします。
[PR]
by ricard51 | 2011-03-30 00:24 | 報告