ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

支援の包囲網

d0024242_922753.jpg


今日は朝からガソリンと灯油入れるのに並んで、
その後は片付けといつも通り、と思ったら、祖母のオムツが出てきた。
ってことで、昨日確認していた支援物資している所にオムツを届けてきた。
昨日、支援物資を南相馬に宅急便で送ったのだが、
その他にも福島市で、県議員のところが南相馬のために
支援物資&ボランティアをしているってことが、このサイトで出ていたのだ。
お願いタイガー! (リカールさまが教えてくれた)
http://onegaitiger.com/saigai/

で、荷物も少ないしガソリン節約と思ってドリーム50で出動。
場所は子供の頃住んでいた界隈(渡利)、すぐにわかった。

行ってみると、思ったより荷は集まってなくて、始まったばかりという感じ。
市外からの荷は、届くのに時間が掛かるのだろう。
議員ということで、選挙運動にならないように、名前を記入して終わり。
ダンボール1個を渡してから気がついた。
「この背負子で持って来たけど、背負子って使います?」
先方は、少しうれしそうに
「使います。現地では歩いて家を回ることもするので、助かります」
だそうです。
考えたら、現地ではリュックに分けて入れたりして背負うのはいいほう、
ダンボールを抱えて歩いたり、スーパーバックに積めて
ぶら下げて運んだりしている。
これで荷がすこしでも効率よく、楽に多く運べれば最高だ。


いままで、一括的に支援物資を、で、個人で、というのは断るところが多かった。
しかしお願いタイガーやmixi、各被災地の役所に物資や募金のお願いが出だした。
中にはボランティア事務所や、避難所独自にブログを立ち上げて、
お願いや情報を出しているところもある。
県や市にお願いしても、どうしても情報は遅くなるし、
必要なときに必要な場所で、と考えると、当事者が出すのが1番だ。
たぶん各自、中央の災害対策関係とも連絡を取って、
調整して、それでも出来ないところは自分達で、なのだろう。

ここにいると燃料の問題もあるし、少しは被害もあるから、
どうしても、今必要としている被災者のところに駆けつけるのは難しい。
しかし、同じ県だからわかる情報を、少しでも発信することはできる。
ほんの少しだけでも手伝える。
少しだけだが、自分のやっていることが役に立つというのがうれしいものだ。


そしてもう1つ嬉しいこと。
子供の頃に過ごした所を見ることができた。
古い界隈なので地盤がいいのか、ほとんど地震の被害は表面上はなかった。
そして毎日通った古い橋、川原、ずいぶん変わったが
それでも懐かしい。
[PR]
by ricard51 | 2011-03-31 00:26 | 報告