ゆるい南仏のなかでもさらにゆるい裏坂東(ル・ラヴァンドゥ)で暮らす怠け者達 リカールと51の日記。


by ricard51

30日、僕にとっては最後のボランティア

30日は、朝早くから相馬市に。
さすがに連休だからボランティアセンターの前は8時半過ぎなのに行列。
初登録の人も多いだろうから、かなり時間が掛かるようだ。
ぼくはちょっとだけ挨拶して、先に作業場に。
作業場のセッティングを確認、ちょっとだけ使いやすくして、足らないのもを置いて
その後は作業場増設のためにセンターの人と場所探し。
で、場所を決めたところで、ボランティア第1陣が到着。
作業のやり方を説明して、その後は作業場の増設。
今度は2度目なので、かなり効率的になった気がする。

こういった事は、結局慣れが必要と思う。
最初は場当たり的な事も多く、うまく考えたつもりでも、不便に感じることが出てくる。
2度目なら不便の解消に向けて少しだけよくなるし、
きっと3度目なら、もっとよくなるだろう。
前に工場で働いていたことが、かなり役立ったと思う。

たぶん、最大の問題は作業する人が毎日入れ替わることで、
マニュアルを作って置いて来たが、ニュアンスを伝えるのは無理なのだ。
これだけは、毎日来ている相馬市のお年寄りのグループを頼っている。
そして、なかなか上手くやっていて、頼もしい。


そのマニュアルはブログにしたので、もし興味があるなら見てほしい。
http://rescuephot.exblog.jp/

これからも経験に基づいて補完、そして調べて、細かいところを充実させていきたい。

僕のやっているボランティアは生活支援ではないから
大量の人を投入して、というのは本末転倒だと思っている。
優先は生活の再建と思っている。
ただ、雨の日などは、せっかく集まってくれた人達が作業できないこともあって
その際には写真洗浄のような、心の支援に多くの人が入ってくるだろう。
何も出来ないで待つのは、やはり厳しいだろうし。
そして写真等が、橋の下などに相当な量があるそうなので、
いくら作業しても追いつかないのが現状だ。
この連休が終わっても、細く長くボランティアさんが来てくれることを祈るばかりだ。
[PR]
by ricard51 | 2011-04-30 20:19 | 報告